みたままつり

本日は「みたままつり 」送り火を行いました。

お釈迦さまのお弟子・もくれんさんのお話を紙芝居で聞かせてもらいました。

もくれんさんは亡くなったお母さんが死後の世界でどのように過ごし
ているか、修行によって得た不思議な力で探しに行ったそうです。
お母さんは、餓鬼道(飲食が自由にならず、飢えに苦しむ世界)という世界で、骨と皮ばかりの姿で逆さ吊りになって苦しんでいました。この世界では餓鬼たちが食べ物や飲み物を口にしようとすると、炎がふきだし、口をつけることができません。
驚いたもくれんさんは、お釈迦様に相談に行きました。

そこで、自分には優しかったお母さんが、自分たちの幸せだけを思い、他の人や動物には施しを行わなかったことを知ったそうです。
お釈迦様はお母さんを救うには、その餓えて満たされない心を救わなければならないとおっしゃいました。

もくれんさんは、お釈迦様の教えに従い、お坊さんに食べ物をさしあげ、お母さんや餓鬼たちが幸せな世界へ行けるように念じてもらいました。
もくれんさんとお坊さん達の思いが届き、お母さんは身も心も満たされて餓鬼道から救われたというお話でした。

もくれんさんがお釈迦様の教えに従ってお坊さんに食べ物をさしあげたのが、夏の修行期間があける7月15日のことでした。以来、8月15日( 旧暦の7月15日 )は、仏様をはじめ、ご先祖(人)に報恩
感謝の思いをささげる重要な日になり、これがお盆となったそうです。

自分だけでなく、周りの人にも優しく、思いやりの心を大切にしていきたいですね😊

 

みたままつり後は雨のため室内遊びで過ごしていた子ども達。

お店やさんごっこがブームで少しずつ手作りの商品を作り、他のクラスのお友達を招待してお店やさんを開いていました!